• 患者さん体験談

  • 症例のご紹介

  • 医院案内

  • 治療費について

  • 休診カレンダー

----------------------------------------
あなん歯科医院
〒240-0006 横浜市保土ヶ谷区星川
1-7-23 横浜クオーレ星川2F
相鉄線・星川駅より徒歩3分

TEL:045-332-8148

※土日診療
(日曜/9:30~16:30の診療)
※休診日/水曜・祝祭日
(月に1~2度研修のため、土休あり)
----------------------------------------

60歳で28本残せる幸せ

円グラフ データ:8020推進財団私は年齢に関係なく、矯正治療をお勧めしています。それも歯を抜かない矯正治療です。なぜかというと、いま日本人の平均寿命は80代まできています。歯並びが悪いことで虫歯や歯槽膿漏などの病気になりやすく、歯を抜くことが多くなるからです。20年以上の私の臨床経験から考えると非常にもったいないことなのです。
歯を失った場合、インプラントや入れ歯といった治療法もありますが、何といっても自分の歯にかなうものはありません。私の歯科医師としての目標の一つは「60代、70代で28本の歯を残してあげたい」ということです。さらには健康で楽しい将来を迎えてほしいのです。そのお役に立てるのが歯科医療だと思います。
お口の環境が良くなれば、病気にもかかりにくくなります。そうなれば将来の余計な負担が少なくなり、快適でおいしい食事を満喫したり、同窓会などに楽しく参加できると思いませんか? 20年後、30年後もご自分の歯で健康的な生活が送れるように、いまから矯正治療を始めてみませんか?

咬み合わせは認知症やアルツハイマーに関係がある?


棒グラフ:残っている歯の本数

このグラフを見ると、40代前半までは、あまり歯は減っていませんが、そこから一気に歯が無くなっているのがわかります。一番の原因は歯周病によるものと考えられますが、その歯周病や虫歯は不正咬合、つまり歯並びの悪さが影響していることも否めません。少しでもご自分の歯を残すためにも、歯を抜かない矯正治療が必要なのです。

歯並びが悪いことのデメリットとは?

歯並びが悪いことのデメリットとは?通常、大人の方では28本の歯があります。そしてその咬み合わせは全身の健康状態を左右することもある、とても重要な機能です。咬み合わせが悪いと、腰痛や肩こりの原因になるとも考えられています。また歯並びが悪いと正しい歯磨きができずに、歯周病や虫歯の原因になります。

そのため、ご自分の歯並び・咬み合わせを把握し、改善していくことが重要なのです。矯正治療に時期はありません。お子さんから大人の方まで幅広い年代(10代~60代)の方が治療を行っています。


◆参考資料

『オーラルヘルスと全身の健康』疾病別に歯周病との関連性を解説
『オーラルヘルスと全身の健康』

出展:P&G Professional Oral Health
(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)

噛み合わせが悪いと、歯磨きがしづらく、虫歯や歯周病の原因になります。ここでは歯周病などが全身に及ぼす影響をわかりやすく解説しています。詳しくはこちらをご覧ください。

虫歯・歯周病・いびきの原因に 顔立ちの変化

歯並びが悪いと歯ブラシの届きにくい場所ができ、食べカスが詰まりやすくなります。そうすると、お口の中の環境を清潔に保つことが難しくなり、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。また、歯並びが悪いと舌房(舌の入るお口の空間)が小さくなり、舌の沈下が起こって、いびきなどの原因になります。

咬み合わせのずれがある場合、特定の部分に大きな力がかかってしまい、下顎が左右前後にずれたり、表情筋の過度の緊張あるいは弛緩などにより、顔立ちにも影響を及ぼします。

肩こりなどの症状 消化器官に負担

顎の筋肉は首、胸、背中など体全体に大きく関わっています。そのため咬み合わせが悪いと、筋肉が硬直したり弛んだりすることで、体全体のバランスを崩し、肩こりや腰痛などの症状を引き起こすこともあります。

矯正の必要な方の大多数は、食事の際にしっかりと噛めないことがあり、消化器官に負担を与えてしまいます。噛む回数が少ないことで脳への刺激や血流が滞り、将来のアルツハイマーなどの原因にもなります。

目立たない矯正器具

デーモンクリア 「矯正治療」を行うにあたり、「目立ってしまうのが嫌」という理由で治療をためらっている方もいらっしゃると思います。しかし、現在では目立たない器具も普及していますので、お気軽にご相談ください。
最近では芸能人の方でも堂々と矯正器具を見せたりしていますよね? 昔とは違い、皆さんの意識もだいぶ変化してきました。将来の健康のために、迷われている方はぜひ治療を開始しましょう。

クリアタイプのブラケット

デーモンクリア:クリアブラケット透明で目立たないタイプのデーモンブラケットです。スロット部分まですべてセラミックでできているため、外見上目立たず、優れた審美性を持っています。またブラケットのデザインは、滑らかで丸みを帯びているので快適です。

幼少期に矯正治療を受けられなかった方へ

矯正のチャンスを逃した方、ご相談ください。

今からでも遅くありません。大人でも矯正治療はできます。
ご自身が将来リタイヤするときに、歯は大切です。 最先端治療もありますが、今矯正をすることでご自身の歯を残せる確率が高くなります。 そして、何よりも大切なのは、将来の経済的な負担や時間的負担が増えるということです。 また、歯を失うことは、将来のアルツハイマー病や認知症などの病気にかかりやすくなります。 このことは、いろいろなところで言われています。

私のところに来る患者さんも80歳の方がいますが、当院で20年前に治療をして、ご自身の足でいらっしゃいます。 その時、決まって言われるのが、20年前に歯の治療をしてよかったという事です。そして、いつも感謝されます。 できうる限り、患者さんの事を考えて、これからも治療を行っていきたいと思います。

実際に成人矯正をした患者さんの体験談をご覧ください