• 患者さん体験談

  • 症例のご紹介

  • 医院案内

  • 治療費について

  • 休診カレンダー

----------------------------------------
あなん歯科医院
〒240-0006 横浜市保土ヶ谷区星川
1-7-23 横浜クオーレ星川2F
相鉄線・星川駅より徒歩3分

TEL:045-332-8148

※土日診療
(日曜/9:30~16:30の診療)
※休診日/水曜・祝祭日
(月に1~2度研修のため、土休あり)
----------------------------------------

院長紹介 ホームドクターとして

阿南院長矯正治療を躊躇される方は少なくないかもしれません。しかし、現在は昔と違い矯正器具や材料が進化し、歯を抜かなくても矯正できる患者さんが増えてきました。私は矯正治療が全身に及ぼす影響60歳まで28本の歯を残す重要性を知っていただきたいと思い、このホームページを立ち上げました。

ただし、いかに技術が進化しようとも最終的には、患者さんと歯科医師の関係を崩すことはできません。私は長くお付き合いできるホームドクターを目指し、全力でサポートいたします。ここでは治療を受けていただく皆さんに、少しでも私の考えをご理解いただければ幸いです。

阿南先生にとってホームドクターとはなんでしょうか?

阿南院長簡単に言ってしまえば、電話一本で駆けつけてくれるドクターといった感じでしょうか。歯科医の場合、器具や設備類が必要ですから、なかなかそうはいきませんが、緊急の場合でもすぐに対応できるような姿勢を心がけています。
特に矯正治療の場合は長いお付き合いになります。機械的な歯科医師と患者という関係ではなく、理想の咬み合わせにするために、信頼関係を築くことが大切だと考えています。患者さんが本気で治したいという思いをしっかり受け止め、それに応えたいと思います。


私は常々、『60歳で28本の歯を残し、健康を維持しよう』と言っています。人生80年の時代で、ますます高齢化が進み、シニアの方でも活躍される機会が増えていくでしょう。でもそんな時、歯が全然なくて美味しいものも食べられない、大きな口を開けて笑えないなんてもったいないと思いませんか?
1本の歯も抜かずに正しい機能をもった歯並びにすれば、より若々しい顔立ちを保ち、全身の健康にも好影響なのです。


当院で矯正治療を受けられた方々が20年、30年と健康な歯を維持できている姿を見届けるのは、私のひとつの夢でもあります。いつでも、そばでケアできるホームドクターとして、皆さんのより良い人生をサポートできればと思います。

院長略歴

1966.2.15 九州で生まれるが、父の転勤で3歳の時には横浜で暮らす。
以来横浜在住。
1990年3月 神奈川歯科大学卒業。
1990年4月 これと平行して、神奈川歯科大学麻酔科に研究生として1年在籍。
また、Dr.渡辺、黒岩、加藤、阿部、白石に師事。
(主に入れ歯について卒後研修として学ばせていただいた時期)
1996年3月 星川の地で、あなん歯科医院を開業。
1997年

赤坂会名誉顧問のDr.寺西 邦彦に師事。
(主に噛み合わせ、インプラント治療、一口腔単位におけるトータルな見方などを学ばせていただいた時期)

1999年6月 顎咬合学会 咬み合わせ認定医を取得。
2000年 床矯正研究会 主幹 Dr.鈴木に師事。
(床矯正を学ばせていただいた時期)

2005年

元北海道大学矯正科准教授 Dr.武内 豊に師事。
(床矯正以外の矯正治療を学ばせていただいた時期)
2007年 矯正臨床研究会YT23会設立。

2013年

Dr武内とともにアメリカで行われるDamon Forum(矯正学会)に参加。

■所属学会
日本成人矯正歯科学会
日本顎咬合学会・咬みあわせ認定医
日本歯科保存学会
日本ピエゾ臨床研究会
スタディーグループ 赤坂会
矯正臨床研究会YT23会